-------

ミカサ工業用品

Sunday, June 25, 2017
 JAPANESE |  ENGLISH
ミカサ工業用品について

会社概要

経営理念

お客様に満足していただくことを基本として、環境に配慮し、地域社会の発展に貢献します。
科学的な考え方と国際的な視野をベースに、世界に通じるものづくりに挑戦し続けます。
個性的で豊かな生活のため、お客様と共にさらなる進化を目指します。

会社データ

商 号 株式会社 ミカサ
所在地 広島県広島市安佐北区安佐町久地1番地
代表者 代表取締役社長 佐伯 祐二
創 業 大正6年5月
資本金 1億2,000万円(2013年11月現在)
売上高 77億円(2013年11月実績)
工場敷地 19,350平方メートル 建坪延べ8,800平方メートル
従業員数 142名(2013年11月現在)
取引銀行 三井住友銀行広島支店  伊予銀行広島支店  山口銀行広島支店
百十四銀行広島支店  中国銀行広島支店  山陰合同銀行広島西支店

事業内容

「ゴム製品製造業」として工業用品・スポーツ用品などの分野でお客様のニーズにお応えしています。

工業用品 スポーツ用品
船舶用軸受 FFベアリング
船舶用軸受 水中ゴム軸受
推進軸ゴム巻
ポンプ用水中軸受(ゴム軸受・FFベアリング)
ボウリングパーツ
ゴムロール
耐熱・耐摩耗ゴムロール用ゴム材質 MG-AWZ-992
■球技用ボール
■各種スポーツ用品
新日本海フェリー(株)「すずらん」のプロペラ軸にも、当社のゴム軸受を装備

▲新日本海フェリー(株)「すずらん」の
プロペラ軸にも、当社のゴム軸受を装備

ミカサ新バレーボールMVA200

▲ミカサ新バレーボール
MVA200

船舶及びポンプに使用される水中軸受、船舶用プロペラ軸防食用ゴム巻、製鉄及び製紙用ゴムロール等を製造しております。
特に、水中軸受は船舶用として大型フェリー、艦艇、巡視船、貨物船、漁船等に使用され、また、ポンプ用としては、原子力・火力発電所の冷却水用並びに水道局・下水道局の取水、治水用の排水ポンプ等、巾広く使用されております。
バレーボール・サッカーボール・バスケットボール・ハンドボール・ドッジボール等各球技用ボールを中心に製造・販売しています。
特にバレーボールは、国際バレーボール連盟が主催する2012年までのバレーボール及びビーチバレーボール大会で唯一の公式試合球として使用されることが決定しています。